本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

土壌汚染と社会トレンド

土壌汚染に対する社会動向、それに伴う経営戦略など簡潔にご説明いたします。

企業経営において、土壌環境は益々重要となってきました。 新会計基準における土壌汚染の資産除去債務への計上の義務化、コンプライアンス違反に伴う企業のイメージダウンなど、土壌環境への対応が経営戦略上の鍵となりつつあります。

国際会計基準への移行(資産除去債務)について

国際会計基準への移行(資産除去債務)について

コンプライアンス重視の社会トレンド

土壌汚染を放置し、敷地外へ汚染が拡散してしまう可能性があります。その場合、近年の社会トレンドでは、汚染の存在の把握時期や情報開示のタイミングにより、企業のコンプライアンスを問われ、結果的には企業ブランドの低下に繋がります。

コンプライアンス重視の社会トレンド

土地利用に応じた土壌汚染対応

竹中は、必ずしも土壌汚染を完全に除去することをお勧めはしません。これは、現在もしくは将来の不動産の使用状況、経営戦略に応じて、土壌汚染の対策手法は異なると考えているためです。お客様が不利になることのないように、土壌汚染との付き合い方も、竹中はご提案します。

保有不動産の経営戦略

 

■サステナブル建築

■土壌汚染対策【ジオクリーン・ワークス】

  • 何故土壌汚染対応が重要性を増したのか?
  • 土壌汚染の浄化をお考えのお客様へ

■水質浄化

  • 工場での純水製造や排水処理でお悩みの方へ
  • 建築や公園等の身近の水環境を良くしたい。
  • 水使用量を削減したりコスト低減したい人へ
  • 建設時の湧水を適正に処理しコスト低減します