本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

土壌汚染の調査

過去から現在までの土地の利用履歴を確認し、土壌の採取分析を行います。

土地活用計画においては、土壌汚染の有無を確認する調査は不可欠です。万が一、汚染が発見された場合は、計画の着手前に対策を講じなければなりません。竹中は調査から対策まで一貫したトータルエンジニアリングにより、低コスト・短工期かつ確実な調査と対策を実施します。

土壌汚染調査の流れ

地歴調査(土地の利用履歴)

対象地の土地利用状況、有害物質使用履歴を過去に遡って調査します。使用履歴に応じて調査密度を低減したり、調査対象物質を絞り込むなど、次ステップの調査内容を軽減できます。効率的な概況・詳細調査を行うために重要な調査となります。

土壌汚染調査

対象地の汚染状況を把握し、必要な対策を立案するために行います。
まず概況調査として、地表面付近の汚染状況を調査し、平面的な汚染の広がりを把握します。
詳細調査では、概況調査で汚染が確認された地点を中心に、深さ方向の汚染状況を把握します。

評価・解析・事前試験

土壌汚染状況調査により把握した情報を元に、汚染状況を評価します。この評価において、汚染の拡散解析を行い、最適な対策工事をご提案します。

 

■サステナブル建築

■土壌汚染対策【ジオクリーン・ワークス】

  • 何故土壌汚染対応が重要性を増したのか?
  • 土壌汚染の浄化をお考えのお客様へ

■水質浄化

  • 工場での純水製造や排水処理でお悩みの方へ
  • 建築や公園等の身近の水環境を良くしたい。
  • 水使用量を削減したりコスト低減したい人へ
  • 建設時の湧水を適正に処理しコスト低減します