本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

重金属等汚染の対策技術

重金属等の対策方法には、水に溶け出さない、触れないように、無害化、隔離する方法があります。
ここでは、竹中が保有する、重金属等汚染土壌の対策技術をご紹介します。

土壌洗浄法

水や洗浄液により掘削した汚染土壌を洗浄します。洗浄後の土壌をふるい分けすることにより、汚染物質が濃縮された細粒分と清浄な砂れき分に分離します。

固化・不溶化技術

天然素材を原料としたリン酸マグネシア系固化・不溶化材を土壌に混合することで、指定基準の100倍程度の土壌溶出量を指定基準以下にまで低減することができます。

封じ込め技術

重金属に汚染された土壌を囲い込むように連続した杭状の遮水壁を構築し、汚染土壌を封じ込めます。このとき、杭のラップ部を確実に形成することで、必要な遮水性能を確保します。