本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

構造の破壊状態予測

従来、地盤の構造解析を行う際、地盤材料は連続体として取り扱ってきました。しかし地盤材料は粒子が集まってできており、大変形および破壊後の挙動把握には不連続現象を扱う必要がありました。個別要素法は、粒子の動きを直接扱うことができる解析手法で、地盤や岩盤の検討を行うには非常に優れた手法です。一方、計算時間がかかるため、千から一万要素程度の小さなモデルしか解けませんでしたが、並列計算技術の導入により、数十万要素という大規模な解析を可能にしました。

構造の破壊状態予測