本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

構造物の安全性評価

新しい建築材料、建築部材などの開発や検討に際して、並列計算技術を用いた大規模弾塑性有限要素法解析を用いることで、必要な模型実験や実物大実験のケース数を大幅に削減し、開発期間の短縮、費用のコストダウンを可能にします。ソリッド要素を用いた静的弾塑性解析が可能で、100万要素を越える大規模自由度の弾塑性解析により、大きなスケールと微細なスケールを同時に扱うことが可能です。

構造物の安全性評価