本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

振動台実験

免震・制震技術の開発には実験的な検討が欠かせません。振動実験は、地震時に生じる揺れ(変位、速度、加速度)を建物の構造システムや構造部材に与え、性能を検証する重要な実験手法です。水平2方向の加振が可能で、兵庫県南部地震クラスの地震を再現することができ、振動台としての実験のほか、反力壁を組合せた動的加力実験が可能です。プロジェクト適用に向けての確認実験、開発したシステムや部材の性能試験、材料等の基本特性実験などさまざまな実験を行っています。

振動台実験