本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

遠心模型実験施設

構造物の軟弱地盤対策、地下空間施設の研究・開発などのために、実際の地盤・構造物の挙動を再現することは非常に重要ではありますが、地盤・構造物に作用する荷重を深度に合わせて再現することは非常に複雑な加力装置が必要になります。遠心力を利用することで、地盤を含めた建物に実際に生じる変形や破壊現象を再現できるのが遠心模型実験施設です。アームの先に構造物と地盤の模型を載せて回転させることで、最大遠心加速度200Gまでの実験が可能です。

遠心模型実験施設