本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

向上性:使い手との対話により常にスパイラルアップさせる

人のニーズは常に変化し、より利便性の高いものを望んで流動します。
そのニーズを満足させるには、常にユーザーを観察し、ユーザーと対話することにより、建築や環境をより向上させていくことが必要です。

9.ユーザーと対話し、常に向上させること

熊本のショッピングセンターにおいて、車椅子利用者等へのヒアリング や既存店舗でのお客様アンケートを何度も実施し、設計に反映させて行 きました。
もうひとつは大阪の大学病院において、病室のモデルルームで実際にユーザー検証を行っている様子です。病室のレイアウトや設備パネルの配置などを、患者や看護する人の立場からヒアリングすることでチェックを行っています。

ダイヤモンドシティークレア:
利用者へのヒアリングやアンケートの実施
熊本県<2005年9月竣工>
関西医大枚方病院:病室レイアウトの設備などのユーザー検証
大阪府<2005年8月竣工>


■人にやさしい空間

■ユニバーサルデザイン

■ワークプレイスコンサルティング

  • 竹中のワークプレイスコンサルティングとは
  • Service.2/コンサルティングサービス

■ITソリューション

  • 事業・施設のトータルソリューション
  • ITインフラ構築ソリューション
  • オフィス移転ITソリューション
  • 会議室AV/ITソリューション
  • 無線環境ソリューション
  • 省エネ/省CO2見える化ソリューション

■快適な気候

■騒音・振動対策