本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

持続性:人・生活・社会・自然との良い関係をつくる

人の持続可能(サステナブル)な生活や社会を構築するためには、人と人、人と建築、人と社会から地球環境までの永く継続できる適正な関係をつくることが必要です。
そのためには人・建築・社会・自然それぞれ相互の関係性を科学的・工学的・心理学的・環境学的などに見つめ直す必要があります。

10.永くやさしく経済的に使えること

名古屋の大型ショッピングセンターです
エコボイド(自然光導入)、木製ルーバー(日射調整)、エコインフォメーション、壁面緑化、パーゴラ上の植栽、太陽光発電、風力発電、人感センサー、リサイクル材 などを実践しています。
様々な環境への取り組みを誰でもわかりやすく示し、環境への意識を向上させています。
人や環境に対して優しく、継続的に良好な関係を保つことも、ユニバーサルデザインの必要条件であると考えます。

イオン千種ショッピングセンター:
環境配慮型ショピングセンター「エコストア」
愛知県<2005年5月竣工>


■人にやさしい空間

■ユニバーサルデザイン

■ワークプレイスコンサルティング

  • 竹中のワークプレイスコンサルティングとは
  • Service.2/コンサルティングサービス

■ITソリューション

  • 事業・施設のトータルソリューション
  • ITインフラ構築ソリューション
  • オフィス移転ITソリューション
  • 会議室AV/ITソリューション
  • 無線環境ソリューション
  • 省エネ/省CO2見える化ソリューション

■快適な気候

■騒音・振動対策