本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

建設工事での湧水処理

大規模地下工事のリチャージ工法での復水井戸が目詰まりの問題を解決します。

濁水防止リチャージ工法

高速ろ過や真空膜脱気装置により脱気し酸化物や微生物発生を抑え、懸濁物を除去し目詰まりを防ぎます。

背景

大規模な地下工事では、汲み上げた地下水の放流先確保や下水道料金節約のため、地下水を元の地下に還元するリチャージ工法が用いられています。しかし、地下水中に含まれる懸濁物質やリチャージ中に空気に触れて発生した酸化物や微生物が復水井の目詰まりを引き起こし、復水機能が低下するという問題がありました。

酸化物により赤く濁った水(対策前の復水井戸)

酸化物により赤く濁った水(対策前の復水井戸)

概要

バッファータンク、高速ろ過装置、真空膜脱気装置で構成されています。脱気をすることで酸化物や微生物の発生を抑えつつ、地下水中に含まれる懸濁物質を除去し、復水井が目詰まりすることなく長時間連続して稼働することが可能です。地下に還元する水量が増えることにより工事排水が削減されて、下水道料金を大幅に抑えることができます。また、地下水を下水道に流さずに地下へ還元することで、周辺井戸の枯渇や地盤沈下等を防ぎます。

リチャージ工法水処理システムのコストダウン効果例

リチャージ工法水処理システムのコストダウン効果例

特徴

地下水中の懸濁物質を低減させ、目詰まりなしで連続運転が可能
・工事排水の下水道への流量を大幅に抑え、下水道料金を大幅に削減可能
・地下水を下水に流さずに地下に還元するため、周辺井戸の枯渇や地盤沈下などの防止に役立つ

リチャージ工法水処理システム構成図

リチャージ工法水処理システム構成図

高速ろ過装置

汲み上げた地下水を効率的に処理する高通水性、低比重のポリエステル単繊維成形ろ材を使用したろ過装置です。

 

ろ材の形状

ろ材の効果

ろ材の形状・ポリエステル短繊維成形ろ材

ポリエステル短繊維成形ろ材

ろ材の効果・注入水に比べ透過水は、粒子量が低減し、かつ粒子径も小型化しています。

注入水に比べ透過水は、粒子量が低減し、かつ粒子径も小型化しています。

真空膜脱気装置

液体は通さず気体のみを透過させるガス交換膜を使用し、高い脱気性能を持つ膜脱気装置です。

 

膜脱気の原理

モジュール脱気性能

 

膜脱気の原理

地下水が脱酸素モジュールの中を通り抜ける際に酸素が取り除かれます。

モジュール脱気性能

処理水の溶存酸素濃度は1mg/l以下に抑えられており、酸化物が発生しにくくなっています。

 

■サステナブル建築

■土壌汚染対策【ジオクリーン・ワークス】

  • 何故土壌汚染対応が重要性を増したのか?
  • 土壌汚染の浄化をお考えのお客様へ

■水質浄化

  • 工場での純水製造や排水処理でお悩みの方へ
  • 建築や公園等の身近の水環境を良くしたい。
  • 水使用量を削減したりコスト低減したい人へ
  • 建設時の湧水を適正に処理しコスト低減します