本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

アシックス本社東館

アシックス本社東館

東面全景

一般執務エリアとチームワークエリア

一般執務エリアとチームワークエリア

プロジェクト概要

主要用途 博物館(1~2階)事務所(3~5階)
所在地 神戸市中央区
プロジェクト期間 2008年8月~2009年5月
建築主 アシックス
設計施工 竹中工務店
プロジェクトマネジメント 竹中工務店
家具デザイン 他社
入居面積 約2500m2
人員数 約200人
プロジェクト組織図

既存-増築 新たなワークプレイスの再編

神戸ポートアイランドに本社を置くアシックスは、東館を増築し、創業60周年記念事業の企業博物館を1・2階に、企画開発部門のワークプレイスを3~5階に設けました。
既存本社屋は、中央に4階まで吹き抜けの多目的空間「アシックスアトリウム」を配した特徴ある形態をしています。今回、これを囲むように東館を増築することで「知の回廊」が完成し、新しい知的創造型のワークプレイスが生まれることとなりました。

身体と環境のエモーショナルな関係

東館に入居する部署は商品デザインの中心であり、創造力が求められるチームです。計画にあたっては「身体を刺激し活性化することで、より豊かな知的創造が生まれる」というテーマを設定しました。
これに基づき、3~5階を行き来できる内部階段や、自然の風を感じられる外部バルコニーまわりに、人と人・人と環境のエモーショナルな出会いを誘発する「コラボレーションスポット」「ヒラメキスポット」と名付けたスペースを配置しました。あわせて「コミュニケーションの誘発」や「集中とリラックス」のための諸要素が、ワークプレイス空間に配置されています。
当社は建物の設計施工を担当すると同時に、ワークプレイス計画のプロジェクトマネージャーとして、家具メーカーを選定するとともに、選定後のオフィスデザインの監修や進捗管理を行いました。
今回完成した魅力的なワークプレイスの活用については、今後も建築主とともに継続的な検討を行うことにしています。

内部階段付近に設けられたコラボレーションスポット

内部階段付近に設けられたコラボレーションスポット

南面に設けられたヒラメキスポット

南面に設けられたヒラメキスポット