本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

既存ビルを“執務しながらZEB化”

-竹中工務店のネット・ゼロエネルギービル改修-

究極の環境配慮型建物として注目される「ネット・ゼロエネルギービル(以下ZEB)」。年間を通じて使用する一次エネルギーを自ら賄うという、夢のような建物が現実のものになってきています。

当社ではこれまで、数々の技術を駆使して事務所ビルや競技場などでZEBやそれに近い性能を有する建物(※)を数多く実現してきました。このたび集大成として、当社東関東支店社屋において、執務しながらZEB化を目指した改修を行いました。

外観(改修後)

外観(改修後)

 
資源エネルギー庁では、年間の一次エネルギー消費量が一般的な建物の25%未満の建築物を「Nearly ZEB」、50%未満の建築物を「ZEB Ready」と定義し、広い意味でのZEBと位置付けています。
事例などについては、当社ホームページ「竹中コーポレートレポート」をご覧ください。
竹中コーポレートレポートはこちら新しいウィンドウでPDFを開く

カギを握る、既存ビルのさらなる省エネ化

2015年に開催された「COP21(国際気候変動枠組条約第21回締約国会議)」では、日本は2030年に2013年比で温室効果ガスの排出量を26%削減するという目標を掲げています。なかでも事業所を含む「業務その他部門」では約40%の削減が必要とされており、目標達成の大きなカギを握っています。

一方、建物が建て替えられるのは数十年に一度ですから、既存建物の省エネ対策がとくに重要です。これらのことから、全国に多数存在する、既存事務所ビルのさらなる省エネが喫緊の課題になっているのです。

ZEB化改修の4つのコンセプト

さらなる省エネを図るうえで、省電力型の機器に交換するだけでは限界があります。新たに開発した省エネ技術はもとより、新しいワークスタイルやエネルギーマネジメントシステムの導入でZEB化を図るほか、災害時に備えるBCPの向上や快適性の向上など、さらなる付加価値を追求しています。

 

快適性の考え方を変える

温度、湿度を一定に保つことだけが快適の条件ではなくなってきています。そよ風を感じる、光が変化するなど、多様な環境の変化が人の快適性の幅を広げ、同時に熱負荷の大幅な削減につながります。

 

 

スーパー省エネビルを作る

超高性能断熱、ダブルスキン、ブラインド自動制御、自然通風の自動制御、調光LED、デシカント空調、地中熱利用、放射空調、太陽光発電等の数々の先端技術を導入した上でこれらを統合制御し、プラスエネルギービルを実現します。

 

 

スマートな働き方を考える

ワークごとに最適な執務環境を整えることで生産性を向上させつつ、シェアリングによって共用空間やファイリング空間を生み出し、事務機器や端末の共有化を図ります。今まで点け放しにしていたコンピュータ、空調、照明を見直し、必要な場所で、必要な時に、必要な分だけ使うメリハリのあるワークスタイルに転換することにより、結果的にエネルギー消費量を削減します。

 

 

災害にも強くなる

以上の対策を行うことで、少ないエネルギーで建物を稼働できるようになり、災害時にライフラインが喪失しても、太陽光発電、蓄電池の活用によりオフィスとしての機能を長く維持できます。

 

導入技術

断熱性の高い外装、省エネ設備、エネルギーマネジメントシステムなど様々な技術を導入しています。

  • 断熱性の高いガラスを使用したダブルスキン外装
  • 室内に取り込む空気の除湿を行うことで、温度をそれほど下げなくても快適な環境を提供する空調システム(※)
  • 創られるエネルギーと消費するエネルギーを、統合的かつリアルタイムにコントロールするクラウドシステム(※)

今後の取り組み

建物の運用を通じて、エネルギー収支を検証するとともに、省エネと快適性を両立する「ウェルネスオフィス」の実現に向けた取り組みを継続していきます。今回導入した技術の効果や運用で得られる知見をもとに、新築・既存建物のZEB化を推進するお客様のニーズに的確にお応えする提案をしていきます。