本文へジャンプ

エコスクールの実現

スマートコミュニティに貢献する学校づくり(立命館大学衣笠体育館)

複数のCO2削減技術を取り入れ、人・まち・地球のエネルギーを最大限に生かすサステナブルな環境配慮型施設を実現しました。

 

建物の過半を地下化し、環境負荷の低減と景観配慮の両立をはかっています。

 

減築

旧体育館地上部の減築した部分を活用し、地域に開放された防災広場を整備。地下は耐震改修を行い活用。

輻射空調

休憩ベンチに風の流れがなく、人にやさしい輻射式空調を設置。

ライトウェル+トップライト

明かり採り窓により、地下3階まで光を届ける。

水の庭(水盤+太陽光発電)

地下化により発生した湧水を太陽光パネルの散水冷却、緑化灌水、屋上散水、中水に活用。

児童生徒の環境意識の基礎となる学校づくり(プール学院中学校・高等学校)

土地の植生にもとづくビオトープを起点に「水の流れ」をつくりました。昆虫やめだか等に加え、渡り鳥の飛来も観測され、児童生徒の学習の生きた教材となっています。

井水・雨水利用による省水設計

浅井戸を掘削し、「水の流れ」の水源としている。また部分的に貯留可能な雨水槽をビオトープの補給水や外部散水、屋上散水等に利用する。

ビオトープや校舎を教材とした出前授業

小学生を対象とした当社社員の出前授業により、学外に対しても環境教材として利用。

エコスクールへの多様な取り組み

関西大学総合学生会館メディアパーク凛風館


「自然の残る丘だった敷地の緑を減らさないこと」というコンセプトに基づいて、この建物を計画しました。

 
大階段と緑化で丘をイメージ

大階段と緑化で丘をイメージ

 
屋上緑化のある屋根

屋上緑化のある屋根

渋谷教育学園幕張中学・高等学校 メモリアルタワー


三角形断面と縁側状の廊下が教室を取り囲む構成にすることで、髙いPAL(年間熱負荷係数)値を達成しています。

 
記念館にふさわしい象徴的な形体

記念館にふさわしい象徴的な形体

 
自然光の溢れるグラウンド

自然光の溢れるグラウンド

立命館大学びわこ・くさつキャンパス インテグレーションコア・
ラルカディア

環境負荷を抑え、風・光・水などの自然の恵みを五感で感じられる建築として、学生の環境への豊かな視座を育みます。

 
屋外活動を促す屋根付き広場と風の力により換気を行うウインドーチムニー

屋外活動を促す屋根付き広場と風の力により換気を行うウィンドチムニー

 
風の流れを視覚化されるアート

風の流れを視覚化されるアート