本文へジャンプ

病院の診療圏を把握したい

診療圏調査や人口動態に基づいて新病院の患者数を推計します。

患者数の推計は収支計画などに大きく影響し、事業計画上の重要な検討項目です。
診療圏の大きさ、計画地の人口動態、受療率、新築による増患効果など様々な因子を分析することで、高い精度で患者数を推計します。

診療圏分析

当該病院の各地区における患者シェアを指標とした診療圏の広がりを分析し、また地域の他の医療機関との競合滋養協を示します。

患者数予測

人口および受療率から求められる発生患者数と患者シェアによって来院患者数を推計します。

人口動態調査

病院の全面建替では、構想から開院までに5年以上かかるものも少なくありません。
将来人口や高齢化率を予測する際、開院時期を前もって考慮し、計画時の規模設定を検討します。

新築による増患効果の検討

病院を建替えることにより多くの病院では患者数が増加する傾向があります。
現状の診療状況を把握した上で、新築による増患効果も考慮して、外来診療部門の規模を検討します。