本文へジャンプ

地震発生時の安全性を確保したい

豊富な技術をもとに、様々な耐震工法を提案します。

病院では、地震発生時に患者様の安全確保はもちろん、診療機能を停止させないことが重要です。
既存建物への耐震診断と最適な耐震補強の方法を提案するほか、建物の新築に際しては、免震構造の採用を含めた多様な工法を提案します。

竹中の耐震診断・補強フロー

まず予備診断で診断レベルを決定し、本診断では躯体から設備に至るまで竹中工務店オリジナルの解析技術による詳細な診断を行います。

免震構造と耐震構造の比較

免震構造では地盤と建物の間の免震装置によって地震の揺れを逃がすため、地震による揺れが直接建物に伝わりません。しかし耐震構造では建物が直接地盤に支持されているので、揺れが速くゆがみも大きくなります。