• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > コミュニケーション > 取り組み >

取り組み/社内環境キャンペーンで3Rに関する標語を募集しました。

当社では、建設副産物削減や3R 推進などの環境保全活動への意識向上と普及・拡大を目的として、毎年「環境キャンペーン標語」の募集を行っています。これは、全社で従業員の家族を含めて、国の施策として毎年10月に実施される「3R推進月間」に併せて行っています。

2004年のテーマは3Rの範囲から拡大して「豊かな心が創り出す環境社会」。事務局を担当した地球環境室には、日頃感じている環境への思いやアイディアをもとに、表現に工夫を凝らした標語が数多く寄せられました。応募総数は795件。なかでも従業員の家族からは昨年の143件を上回る163件の作品が寄せられました。

応募作品は、地球環境整備推進チーム会メンバーなどによる厳正なる審査のもと、3R推進賞(1件)と特賞(7件)、入賞(39件)が選ばれました。3R推進賞を受賞した作品「未来の地球に残すもの、豊かな心と豊かな資源」(大阪本店 設計部 情報技術部門 情報企画グループ 寺田真弓さん作)は、10月の「リデュース・リユース・リサイクル推進強化月間」のポスターに採用され、全社の各部門および作業所に掲示されました。

3R:Reduce(発生抑制)、Reuce(再使用)、Recycle(資源の再生)
イメージ/3Rに関する標語
受賞作品
拡大
この取り組みの考え方、背景は?

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。