• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > コミュニケーション > 取り組み >

取り組み/近隣住民と作業所で餅つき大会を行いました。

建築は一品生産であり、建物を建てる場所での現地生産という特徴があります。そのため、作業所の近隣にお住まいの方々とのコミュニケーションが非常に大切です。2003年12月26日、「野村不動産大倉山マンション」作業所で餅つき大会が開催されました。

この工事は当初、住宅地域での工事であることから建設反対運動が起こるなどした経緯もあり、近隣に配慮した工事を目指していました。今回の催しは、日頃何かとご不便をおかけしている近隣の方々に、建築現場とそこでの環境や安全への取り組み、作業員の姿勢などを知っていただいて懇親を深めるため、職長リーダー会が中心となって企画したものです。

日頃の地道な近隣配慮活動が功を奏し、当日はたくさんの方に参加していただくことができました。大工さん手作りの輪投げコーナーやヨーヨーすくいといった屋台も多数出店し、くじ引きやじゃんけん大会などのイベントも盛りだくさんで、子供たちも含め和気あいあいとした雰囲気の中、楽しい時間を過ごすことができました。これ以降も、近隣に配慮した作業所運営を継続しています。
PHOTO/餅つきの様子
餅つきの様子
PHOTO/ゲームを楽しむ親子
ゲームを楽しむ親子
この取り組みの考え方、背景は?

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。