• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > つくる(施工) > 取り組み >

取り組み/お客様と関係会社、現場が一体となった施工を行いました。

本田技研工業(株)和光ビル [東京]

当社が施工を担当した本田技研工業(株)HMオフィス棟は、かつての和光工場の跡地に建設され、オフィスと食堂、駐車場で構成された地上6階、延べ床面積52,138m2の建物です。本田技研工業(株)は環境への意識が非常に高いことで知られています。今回は、これまで当社が培ってきた環境配慮活動を基にした各種の提案を行い、それが評価の一部として同社に認められて工事に参画した、という経緯があります。

今回の最大の特徴は、お客様である本田技研工業(株)と設計事務所、施工会社(当社および設備会社2社)の計5社が「LCCO2委員会」を結成して活動した点です。同委員会は、各社が環境配慮工事実現との共通目標を持った上で、それぞれの立場で問題点を発見し、対策を委員会で検討するもので、工事着工当初から定期的に開催されました。

具体的には、目標値としてLCCO2を最初に提案された設計より50%削減という極めて高いハードルを設定しました。建設工事においては、3R活動の推進、掘削残土の敷地内再利用、省燃費運転の勉強会開催と実施、アイドリングストップの励行などにより、79.2t-CO2/年削減(当初比較13.4%減)、掘削残土のほぼ100%の場内での再利用など、大きな成果をあげました。全体としては、目標値には僅かに至りませんでしたが、LCCO2の削減率42.3%という数値は、プロジェクト関係者が一丸となって取り組んだ成果としてお客様から高く評価されています。

現場の梶原担当は「今回の成功は、お客様と関係会社、そして現場の作業員それぞれの信頼関係によるものです。定期的にお客様と現場を巡回(エコパトロール)することで、たくさんの発見がありました。職長クラスで構成された分科会が分別や車両管理、エコ標語募集などに積極的に協力してくれたことも大きかったと思います」と工事を振り返りました。
PHOTO/ファザード
建物全景
作業所巡回の様子
PHOTO/巡回作業の様子
PHOTO/施工現場
躯体工事中
この取り組みの考え方、背景は?

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。