• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > おもう(設計) > 取り組み >

取り組み/先進技術で環境に優しいオフィス・商業複合ビルを設計しました。

(仮称)飯野・日土地共同ビル [東京]

当社は、浜松町駅前広場に隣接し、汐留再開発地域の南玄関口(I−1街区)に位置する、オフィス・商業複合ビル「(仮称)飯野・日土地共同ビル」の設計・施工を担当しています。

当プロジェクトでは、お客様である飯野海運(株)、日本土地建物(株)から、“テナント誘致に高い競争力を持つグレード”が求められました。このご要望を実現するため、フレキビリティの高い、天井高3mのオフィス空間や、環境に優しい省エネルギー技術、保全性を考えた外装工法など、数々の先進スペックを盛り込みました。
例えば省エネルギー計画として設計に盛り込んだ主な項目は下記の通りです。

1) 外壁の窓には、日射遮光率が高く断熱性能の高い「高断熱Low-eペアガラス」を採用。窓面からの冷・暖輻射を緩和する「エアバリアシステム」と併用することにより相乗効果を発揮し、外部からの熱負荷を軽減しています。
2) 気象条件に応じて換気口を自動的に開き、風圧を利用して外気を導入する自然換気システムを採用、室内の空気浄化や省エネルギー化を図りました。
3) 照明器具には明るさセンサーを設け、窓際の過剰照度や蛍光ランプの過剰な初期照度を抑えることにより、無駄な電力消費をカット、省エネルギーに貢献しています。

このように、自然エネルギーを有効に利用するシステムなど、多くの工夫により、CASBEE*ランクS(「すばらしい」の意:5つあるランクでの最上位)を実現しています。
PHOTO/完成予想パース
完成予想パース
PHOTO/自然換気(ハイブリッド換気)
自然換気(ハイブリッド換気)
拡大
この取り組みの考え方、背景は?

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。