• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > グリーン調達 > 考え方 >

考え方/グリーン調達の考え方、体制

グリーン調達は、環境に配慮した製品やサービスを優先的に購入する活動で、2001年4月にグリーン購入法が施行されて各種の対象品目が指定されました。この内容は民間企業には努力義務とされていますが、当社は全社ワーキンググループを設置して、この各種品目から建設に関連する品目を取り込み、また当社なりに推奨する品目を加えて、2001年9月に「グリーン調達 ガイドライン」を設定し、本格的にグリーン調達活動を開始しました。

省資源や省エネルギー、健康影響回避などで視点を広げて、グリーン購入法基本方針の改定による特定調達品目の見直しが毎年行われています。これにも対応してきており、現在まで、設計段階、施工段階、オフィス活動のそれぞれにおけるグリーン調達の促進と実績把握を図り、活動が定着しつつあります。

また、お客様から特定の資材の採用あるいは忌避についてご要望を頂くことがあり、個別にご相談しながら対応させて頂いています。
イメージ/グリーン調達推進体制
グリーン調達推進体制
拡大








戻る

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。