• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯

環境省ガイドライン対応検索

環境配慮活動、社会的活動には、多岐にわたる側面があります。
環境省の「環境報告書ガイドライン(2004年版)」の記載項目に対応する当報告書の項目を一覧にしました。

環境省ガイドライン 竹中eレポート 2005 対応コンテンツ
I 基本的項目 II章へIII章へIV章へV章へ
1. 経営責任者の緒言
社長挨拶
マネジメントレビュー
2. 報告に当たっての
基本的用件
編集にあたって
環境省ガイドライン対応索引
全社組織図
アンケート
お問い合わせ
3. 事業の概況
企業理念
会社概要(売上、従業員etc.)、営業内容
営業活動の概要、主要作品
活動の経緯

II 環境配慮の方針目標実績等の総括 I章へIII章へIV章へV章へ
4. 事業活動における
環境配慮の方針
地球環境憲章
5. 環境配慮に関する
目標・計画・実績等の総括
発行にあたって(ダイジェスト版の発行)
環境推進ガイドライン2004の目標と実績、評価
環境推進ガイドライン2005の目標設定
環境会計集計結果の評価
3つの環境総合指標
事業活動と環境
6. 事業活動の
マテリアルバランス
事業活動と環境
完成工事延床面積の推移
7. 環境会計情報の総括
2004年環境会計の算定
2004年環境会計集計結果の評価
2004年環境会計の活用と今後の課題

III 環境マネジメントに関する状況 I章へII章へIV章へV章へ
8. 環境マネジメントシステムの状況
環境保全活動の推進体制と活動状況
ISO14001定期・更新審査
社内環境キャンペーンで3Rに関する標語を募集しました
新入社員への環境教育を積極的に展開しました
9. 環境に配慮した
サプライチェーン
マネジメント等の状況
2004年もグリーン調達を推進しました
グリーン調達の考え方、体制
10. 環境に配慮した
新技術等の研究開発の状況
2004年環境会計集計結果の評価
「資源循環型住宅技術開発プロジェクト」に参加しました
港湾・河川のダイオキシンを無害化する「TATT工法」を開発しました
ユビキタス技術を取り入れた情報システムモデルを提案しました
昼光と日射に関する一連の研究が日本建築学会を受賞しました
11. 環境情報開示、
環境コミュニケーションの状況
苦情・環境事故などへの対応
ステークホルダー・ダイアログを開催しました
社内環境キャンペーンで3Rに関する標語を募集しました
社内環境情報「週環エコマガジン」が100号を突破しました
「御堂筋打ち水大作戦2004」に参加しました
新入社員への環境教育を積極的に展開しました
近隣住民と作業所で餅つき大会を行いました
小学生が「泥の家造り」に挑戦しました
代々木家族寮が渋谷区の集団回収活動で表彰されました
さまざまな環境広報活動を実施しました
12. 環境に関する
規制遵守の状況
環境法令の順守
苦情・環境事故などへの対応
2004年環境会計集計結果の評価
13. 環境に関する
社会貢献活動の状況
2004年環境関連受賞実績
重要文化財に指定された明治生命館の保存、再生を行いました
竹中大工道具館の巡回展が全国6カ所で開催されています
各地でインターンシップの学生を受け入れました
シカゴ建築ボートツアーで竹中の社員がガイドを務めました
業界団体、加入団体での活動にも積極的に参加しました

IV 環境負荷とその低減への取り組み I章へII章へIII章へV章へ
14. 総エネルギー投入量
およびその低減対策
事業活動と環境
省資源・省エネルギー活動に取り組みました
15. 総物質投入量
およびその低減対策
事業活動と環境
16. 水資源投入量
およびその低減対策
事業活動と環境
省資源・省エネルギー活動に取り組みました
17. 温室効果ガス等の
大気への排出量
およびその低減対策
事業活動と環境
環境配慮施工活動の考え方、体制
18. 化学物質排出量・移動量
およびその低減対策
環境配慮施工活動の考え方、体制
港湾・河川のダイオキシンを無害化する「TATT工法」を開発しました
19. 総製品生産量
または販売量
事業活動と環境
20. 廃棄物総排出量
およびその低減対策
事業活動と環境
環境配慮施工活動の考え方、体制
お客様と関係会社、現場が一体となった施工を行いました
「環境」をテーマにした「愛・地球博」の会場建設を行いました
徹底した分別回収を推進し、再生骨材を採用しました
既存の地下躯体を利用した施工を行いました
古紙分別とリサイクルに取り組みました
オフィスにおける環境配慮の考え方、体制
21. 総排水量
およびその低減対策
事業活動と環境
22. 輸送にかかわる
環境負荷状況
及びその低減対策
対応コンテンツなし:
建設資機材搬出入及び建設副産物や掘削残土の搬出はトラック輸送で行っています。当社からの直接発注でない等の理由により、具体的な活動には至っておらず一般的な環境負荷低減要請に留まっています。したがって、本報告書に掲載しておりません。
23. グリーン購入状況推進方策
2004年もグリーン調達を推進しました
グリーン調達の考え方、体制
オフィス用品のグリーン調達と低公害車の積極採用を行いました
24. 環境負荷低減に資する
商品・サービス状況
昼光と日射に関する一連の研究が日本建築学会を受賞しました。
「環境にやさしい液晶工場」をコンセプトに工場を設計しました。
オフィスコンバージョンで地域の魅力創出に貢献しました。
先進技術で環境に優しいオフィス・商業複合ビルを設計しました。
レンガ壁工場を保存、省エネルギーにも配慮しました。
信頼性と省エネルギーを追求した最新鋭の印刷工場を設計しました。
環境配慮設計活動の考え方、体制
2004年環境関連受賞実績

V 社会的取り組みの状況 I章へII章へIII章へIV章へ
25.
労働安全衛生に係る情報
対応コンテンツなし:
環境省ガイドライン第5章にかかわる事項につきましては、当社として専門部門による全社的な取り組みを進めておりますが、25.アとイに関しては情報を開示するまでにいたっておらず本報告書には掲載しておりません。
25.
人権および雇用に係る情報
25.
地域の文化の尊重、
保護等に係る情報
重要文化財に指定された明治生命館の保存、再生を行いました。
社会貢献の考え方
25.
広範な消費者保護
及び製品安全に係る情報
お客様への説明(特集)
25.
政治および倫理に係る情報
ガバナンス体制図
25.
個人情報保護に係る情報
アンケート
戻る