• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > オフィスでの環境配慮 > 取り組み >

取り組み/オフィス用品のグリーン調達と低公害車の積極採用を行いました。

(1)オフィス用品のグリーン調達

2004年は事務用品類の全購入金額の50%以上をグリーン製品購買金額にするという目標を設定しました。結果としては、66.6%の購買実績をあげ(68%は再生紙)目標を大幅にクリアすることができました。

また、2003年からは、森林認証(FSC認証)*1を取得したカラーコピー用紙をグリーン調達品目に追加。社内での購入を推奨しており、定着してきています。
今後は、グループ企業への拡大を視野に入れたグリーン調達の推進を検討していきます。


(2)低公害車の積極採用

当社は、大気汚染防止や温暖化防止に対し、少しでもCO2の排出量を削減するべく、社用車や作業所で使用する建設車両のアイドリングストップ運動に日々取り組んでいます。また、2003年からは低公害車の優先的な採用にも取り組んでいます。その結果、2004年12月までに、全社で60台(全台数の約13%)の低公害車を導入しました。
ただ、社内に主旨が不徹底な部分があったり、リース車の更新時期に資源の有効利用とコスト低減のために再リースを推奨した事情もあり、まだまだ充分とはいえません。2005年には再度主旨の徹底をはかり、現車両切り替え時の低公害車採用を積極的に推進していきます。

ここでいう低公害車は国土交通省の低公害ガス認定自動車を指し、(1)電気自動車 (2)天然ガス車 (3)メタノール車 (4)ハイブリット車 (5)燃料電池車 (6)ガソリン車 *2 (7)ディーゼル車 *2 (8)LPガス車 *2をいいます。


*1 森林認証(FSC認証):Forest Stewardship Councilの略。持続可能な森林管理を普及させるため、独立した第三者機関が森林管理をある基準に照らし合わせて満たしているかを評価・認証する制度です。
*2 (6)(7)(8)は、低公害ガス車認定実施要領の基準に適合かつグリーン購入法に示す表に定められた区分に適合するもの。
グラフ/オフィスでのグリーン調達購入金額比率の推移
オフィスでのグリーン調達購入金額比率の推移
グラフ/2004年オフィスでのグリーン購入品内訳
2004年オフィスでのグリーン購入品内訳
この取り組みの考え方、背景は?

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。