• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > オフィスでの環境配慮 > 取り組み >

取り組み/省資源・省エネルギー活動に取り組みました。

省資源・省エネルギーへの取り組み

(1)省資源(節水)への取り組み

水は貴重な地球の資源であり、必要不可欠なものです。当社では水の使用量削減に努め、オフィスでの節水活動に取り組んでいます。2004年のオフィスでの水使用量は、163千m3/年と前年と比べて15%削減されました。 東京本店新社屋では、雨水を建物低部の貯水槽に貯留し便所などの洗浄水として再利用するなど節水に努めるとともに水資源の保全を図っています。

(2)省エネルギー(節電)への取り組み

当社は、事業活動にかかわる温室効果ガス排出削減の一環として、オフィスなどでの事業活動で使用する電力使用量の削減に取り組んでいます。

具体的な活動としては、昼休みの消灯運動や空調の省エネルギー運転などが挙げられます。また新たに機器を導入する際には省エネルギー対応のものを積極的に購入するなど種々の電力削減方策を実施しています。
2004年には2,127台のパソコンを入れ替えましたが、その際に従来のCRTから省エネルギー型の液晶モニターに替えることで、113千kWhの節電をすることができました。
その結果、2004年の電力消費量は前年比で4.4%削減することができました。
東京本店新社屋では、自然採光や自然風など自然エネルギーを有効に活用したり、人感センサーによる便所の不在時制御、ワークプレイスの小割モデュールによるエネルギーの効率的制御を取り入れるなど、節電に向けた工夫がなされています。


なお、2003年の電力消費量の計算に間違いがありました。お詫び申し上げますとともに集計値を修正しましたことをご報告します。
グラフ/オフィスでの水使用量の推移
オフィスでの水使用量の推移
グラフ/オフィスでの電力使用量の推移
オフィスでの電力使用量の推移
この取り組みの考え方、背景は?

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。