• 事業活動と環境
  • 地球環境憲章
  • 環境推進ガイドライン
  • 環境マネジメントシステム
  • 環境会計
  • 活動の経緯
TOP > 環境保全への貢献 > 竹中eレポート2005 > 社会貢献 > 考え方 >

考え方/社会貢献の考え方

企業は、社会に何らかの影響を及ぼし、また影響を受けています。社会は多様化が進んでおり、近年その範囲は、お客様はもとより、地域社会、行政、関連企業、教育・研究機関、NGO/NPO、消費者(エンドユーザー)、株主、従業員など多くのステークホルダーに拡大しています。

当社は、本業の「建築」という視点で社会に貢献することがもっとも建設会社らしく、また効果を発揮できると考えています。

具体的には、

1) 建築で環境貢献するトップランナーでありつづけること。
2) 行政や産業界の関連活動に積極的に参加し、その普及活動をすること。
3) 歴史的建築物の補修・保存事業へ積極的に参画すること。
4) 大工や鍛冶屋などの匠が受け継いできた「技」や建築の伝統技法、道具などの建築の文化を保存・継承すること。
5) 次代の建築産業を担う人材の育成に貢献すること。

などを考えています。
PHOTO/東京本店1Fギャラリー
東京本店1Fギャラリー
PHOTO/建築の伝統技法、道具などの保存・展示
建築の伝統技法、道具などの保存・展示
戻る

2004年の環境保全活動一覧

グラフ・チャート検索フォーム

ご覧になりたい数値データ、チャート名をクリックすると、すばやく知りたいデータにアクセスできます。