共通価値課題

持続可能なまちづくり・
社会システムの構築

高品質かつ地域や環境に配慮した建物づくりを行うとともにステークホルダーとの対話を重ね、地球環境・社会・まち・お客様・産業の課題に対し、事業活動・非事業活動を通じ、解決に向けたビジネスモデル・ソリューションの開発と提供を行います。

持続可能なまちづくり・社会システムの構築

方策 1対話による社会・まちの課題抽出と戦略の立案

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
KPI:

対話及び戦略立案数

社会レベル実績:

5領域(目標:2領域以上)

まちレベル実績:

7領域(目標:2領域以上)

まちづくり総合エンジニアリング企業を目指し社会課題を抽出する対話を開始しました。昨年は、更に「まち」に出向き、社会課題を体感し、解決に向けたまちづくりの提案や、ソリューション・ビジネスモデルの構築に結びつける活動に拡大しています。

まちのステークホルダーとの対話

特定非営利活動法人ETIC.と連携し、専門領域ごとのテーマを設定し「まち」との対話を進めています。また、それ以外にも江東区、塩尻市 、小川町などで当社のノウハウやソリューションを使いながら地域の課題解決に貢献できないか、まちでの対話を進めています。

「まち」レベルでの対話と専門領域

社会領域での対話

昨年は、「暮らし」「働き方」「コミュニティ」「福祉・生活支援」「情報・ICT」の領域で、有識者の方々を交えた研究会を実施しました。 そこでの議論を踏まえ、当社が今後取り組む方向性を下記方策2の枠組みに則り、KPIとして定めました。

方策 2課題解決のためのイノベーション推進と基盤の構築

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
KPI:

専門領域ごとのKPI及び戦略立案

実績:

11領域で立案及び活動の実践

まちづくり総合エンジニアリング企業としてビジネスモデル/ソリューションを創り出す専門領域ごとに、イノベーションにつなげるロードマップの検討とKPIの設定を進めています。昨年は、「交通」「伝統・文化」「暮らし」など11の領域で設定しました。
設定したKPIについては、進捗のフォローも行っています。「健康長寿」の領域では、当社が進める「健築®※」の考え方を具現化するソリューションを2018年末までに2件生み出すことをKPIの一つとしました。それに対し、イオンモール宮崎に「健康への気づき」を促す空間デザイン・プログラムを導入したり、オフィス内に食べられる緑を導入することで、働く人々のストレスを緩和し、感性や創造性を刺激する仕掛けをつくるなどの活動を進めました。
今後は方策1との活動とも連携し、「まち」レベルでのビジネスモデル/ソリューション開発に向けた実証実験なども目指します。

  • 健築®:健康でいきいき生活できる空間を交流・身体活動・感性の観点から実現する活動
KPI設定の枠組み

KPI設定の枠組み

オフィスで緑を育て、食する「ベジテーブル®」

オフィスで緑を育て、食する「ベジテーブル®」