本文へジャンプ

2019年「日本建築学会賞」の2部門で受賞

お知らせ

2019年6月4日

竹中工務店(社長:佐々木正人)は、2019年「日本建築学会賞」において「日本建築学会賞(技術)」、「日本建築学会作品選集新人賞」の2部門で受賞しました。

今回受賞したのは、「低炭素と高品質を両立した高炉スラグコンクリートおよび地盤改良体の開発と展開」(技術)、「女神の森セントラルガーデン」(作品選集新人賞)です。当社では今後も、魅力ある建築作品、社会に貢献しうる技術を創出できるよう一層の努力を重ねてまいります。

日本建築学会賞URL: https://www.aij.or.jp/2019/2019prize.html

2019年日本建築学会賞(技術)
 低炭素と高品質を両立した高炉スラグコンクリートおよび地盤改良体の開発と展開

受賞者: 辻 大二郎  (株)竹中工務店 技術本部 技術プロデュース部 技術開発推進グループ 副部長
     河野 貴穂  (株)竹中工務店 技術本部 技術研究所 地盤・基礎部地下工法グループ グループ長

ニュースリリース 2017.10.24 
「ECM(エネルギー・CO2ミニマム)コンクリート」地盤改良「ECMソイル」の適用が20件を突破


ニュースリリース 2015.06.03 
共同開発したECM®セメントをプロジェクトに初適用



2019年日本建築学会作品選集新人賞
女神の森セントラルガーデン

受賞者: 大石 卓人  (株)竹中工務店 東京本店 設計部

女神の森セントラルガーデン
設計施工竹中工務店
デザインアーキテクト永山祐子建築設計
延床面積5,385m²
構造/規模鉄骨造、鉄筋コンクリート造/
地下1階、地上2階

日本建築学会賞

一般社団法人日本建築学会が設けている国内で最も権威のある建築の賞とされ、日本国内における建築・建設分野で功績をあげた個人・団体を称え授与されます。
「日本建築学会賞(技術)」は、近年中に完成した建築にかかわる技術の発展に寄与し、優れた成果に結実した技術に与えられます。
「日本建築学会賞(業績)」は、近年中に完成した学術・技術・芸術などの進歩に寄与する優れた業績に与えられます。
「作品選奨」は、その年の作品選集掲載作品のうち特に優れた作品に与えられます。
「作品選集新人賞」は、40歳未満の作品選集掲載作品の筆頭設計者に与えられます。