本文へジャンプ

制振補強

地震エネルギーを吸収する制振ダンパーを既存建物に取り付け、地震の揺れを低減します。

既存建物の柱・梁で囲まれたフレームなどに制振ダンパーを設置します。建物に入力する地震エネルギーを制振ダンパーが効率的に吸収し、建物の架構に作用する地震力を低減します。

TMD改修

既存超高層建物の最上階にTMD(Tuned Mass Damper)を設置し、長周期地震時の揺れを低減します。2段積層ゴムとリニアスライダーで重りを支持するデュアルTMDを開発し、新宿野村ビルに適用しました。改修工事の範囲が建物頂部に限られ一般階に影響が及ばないことから、テナントが一時立ち退く必要がなく、建物の外観、窓からの眺望への影響も最小限に抑えることができます。

 

外殻フレーム制振補強

大阪豊田ビル
外壁の外側に制振装置を後付けしました。改修後も大きな開口部はそのまま確保し、景観に配慮した外観を創出できます。

大阪豊田ビル