本文へジャンプ

火災リスク評価システム「TRAIN-fire®

いまや、保険による火災リスク対策に加え、ステークホルダーへの影響をも考慮するBCP(事業継続計画)の観点に立った火災リスク対策が求められています。
この新しい火災リスク対策のツールは、「火災を可能な限り発生させない」ことはもちろん、「万一発生しても被害を最小限にとどめ、直ちに復旧できる」ように、事前に対策を講じておくことを最重要と考えています。

BCP(事業継続計画)における火災リスク

「TRAIN-fire®」は、お客さまのこのようなご要望にお応えします。

・既存施設の防災性能の見直しを検討したい。
・防災設備改善への投資効果を把握したい。
・新築にあたり、防災計画の最適化を図りたい。

TRAIN-firee®の適用事例(平均予想被害額を最小にする防災設備の改修の立案)

火災リスク評価システム「TRAIN-fire<sup>®</sup>」