本文へジャンプ

超高層制震補強技術

デュアルTMD

建物を使いながら施工できる既存超高層ビルの長周期地震動対策です。
TMD(Tuned Mass Damper) は積層免震ゴムの上に載せたおもりが、慣性力によって建物と逆方向に動くことで、地震によるエネルギーを吸収して建物の揺れを低減する機構です。本デュアルTMDは、従来のTMDを改良し、揺れ幅によって2段階の機構を作動させるものです。揺れ幅が小さいときは積層免震ゴムがおもりを支え、大きいときはリニアスライダーが支えます。これにより暴風時から長周期地震まで揺れを低減し、地震の後揺れ時間を半減します。