本文へジャンプ

新宿東宝ビル

新たなランドマーク創出と地元地域との共存共栄による歌舞伎町再生の起爆剤

歌舞伎町のシンボルであった新宿コマ劇場と隣地の再開発です。かつての賑わいを失いつつある日本最大の繁華街、歌舞伎町をエンターテイメントシティとして再生する起爆剤として計画されました。

都内最大級のシネコン、高層の都市型ホテル、飲食店とアミューズメントからなる複合施設で、シンボリックな外観を持ち、屋上テラスには実物大のゴジラ頭部を設置した新たなランドマークです。

開発に歩調を合わせ、新宿区と地元が連携し、新宿駅からの導入動線である「セントラルロード」の改修、大型バスがホテルまで通行するための道路整備、地域あげての防犯対策、隣接する「シネシティ広場」の再整備など「安全安心な街づくり」がなされました。

主な取り組み

主な業務
・用途施設企画支援
・テナント誘致支援
・地元・行政連携の支援
・大型バス通行の交通協議

建築概要

所在地 新宿区歌舞伎町1丁目
開業年 2015年
事業主 東宝株式会社
設計 株式会社 竹中工務店
施工 株式会社 竹中工務店
延床面積 54,735m2
構造/規模 鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造/地下1階,地上30階

建築作品ページ

新宿東宝ビル(新しいウィンドウでページを開く)