本文へジャンプ

旧ジェームス邸

歴史的・文化的価値のある建物を保存するとともに、活用の法手続きによりブライダル施設として再生

1934年に当社設計施工により英国人貿易商アーネット・ウィリアム・ジェームス氏の私邸として建設された洋館を保存・活用する為に、レストラン兼ウエディング施設として転用した計画です。

第一種低層住居専用地域の用途制限のある立地にて、周辺住民の理解と有識者の承認のもと、用途地域の制限緩和(建築基準法48条ただし書き)を受け、保存・活用が実現しました。

主な取り組み

当社は、建物の維持活用方法を模索していた旧ジェームス邸所有者に保存・活用の提案を行い、設計・施工をはじめとして、ブライダル事業者選定から用途制限緩和に関する支援を行いました。

主な業務
・保存活用企画/計画立案
・ブライダル事業者選定支援
・各種行政協議
 (基準法48条ただし書きの為の公聴会、近隣説明会対応)