本文へジャンプ

九州大学(伊都)総合研究棟(理学系)他施設整備事業

PFI方式にて施設を整備し、代表企業として維持管理・運営業務を統括

九州大学は、箱崎地区、六本松地区、原町地区に分散しているキャンパスを、2003年より福岡市西区の伊都キャンパスに順次移転、統合を進めており、本事業は、理学系部門の移転事業をPFI方式にて行うものです。

事業内容としては、移転に伴って必要となる、総合研究棟や、講義棟・生活支援施設の施設整備、移転、維持管理、運営に加えて、プロジェクトスペースを学内外の研究者等に提供(賃貸)する運営業務を行っています。また、民間提案施設として、ファーストフード店舗の整備・運営も行っています。

主な取り組み

当社は、コンぺ段階では、コンソーシアムの組成に始まり、設計・施工と維持管理・運営の提案書作成、事業計画・資金調達計画・リスク管理等の全体の取り纏めを行いました。事業開始後は、施設整備業務に加え、代表企業として事業全体の統括を行っています。

主な業務
・設計(講義棟・生活支援施設、民間付帯施設)
・施工(備品調達、移転引越を含む)
・プロジェクトマネジメント
・SPC運営・管理

事業概要

事業方式 BTO方式 サービス購入型(一部独立採算事業あり)
総事業費 約160億円(税別)
代表企業 竹中工務店
構成員 三菱UFJリース(株) 三菱電機ビルテクノサービス(株) 三菱電機ライフサービス(株)
協力会社 (株)梓設計 (株)三好不動産
事業期間 平成25年8月から平成40年3月
発注者 (株)伊都サイエンス

建築概要

所在地 福岡市西区元岡744
竣工年 2015年
事業主 株式会社 伊都サイエンスPFI
設計 理学系総合研究棟 基本設計:山下設計 実施設計:山下・西技・シーザーペリーJV
講義棟・生活支援施設、民間付帯施設:竹中・梓JV
施工 株式会社 竹中工務店
延床面積 理学系総合研究棟 52,579m2 SRC造10階
講義棟・生活支援施設 1,918m2 RC造3階
民間付帯施設 96m2 S造1階