本文へジャンプ

柏駅東口D街区第一地区市街地再開発

中心市街地の活性化に寄与する、商業・住宅・公共施設の大型複合施設整備となる
組合施行による再開発事業

本再開発は、バブル崩壊やリーマンショックの影響を受けるなど苦難の時代を乗り越えて完成した再開発事業です。
柏駅東口の商店街に面したD街区とE街区の2つの敷地からなり、中心市街地の賑わい拠点として、柏の新しいまちの魅力を発信し続ける複合施設を目指しました。

D・E両街区の建物外壁には、柏の葉を模したアルミシェードを設け、賑わい空間としての一体感を感じられる外観デザインとしています。また、まちなかの回遊性の向上を図るため、道路拡幅・新設とともに、広場・歩道状空地等の整備を行っています。

主な取り組み

当社は、特定業務代行者として、設計や施工に加え、事業推進支援の役割を担いました。

主な業務
・実施設計(道路設計含む)
・工事監理(補助金交付・検査対応含む)
・工事施工(解体・新築・道路整備)
・保留床売却先の斡旋
・事業推進支援

市街地再開発事業概要

所在地 千葉県柏市柏一丁目および柏市中央町の一部
施工面積 約0.83ha
施工者 柏駅東口D街区第一地区市街地再開発組合
権利者数 28名(土地所有者20名、借地権者4名、借家権者4名)
残留率 96%(従前資産額比率)
事業期間 平成24年 (組合設立認可)~平成28年予定(解散認可)
総事業費 約160億円
権利変換 都市再開発法第111条 特則型(敷地共有型)
再開発コンサルタント 株式会社 再開発計画技術・協同組合 都市設計連合
参加組合員 株式会社 大京

建築概要

開業年 2016年
建築主 柏駅東口D街区第一地区市街地再開発組合
設計 株式会社 竹中工務店
施工 株式会社 竹中工務店
敷地面積 D街区 4,532m2、E街区 1,624m2
延床面積 D街区 34,130m2、E街区 9,957m2
用途 D街区 商業・業務・公益的施設・住宅、E街区 商業・駐車場・駐輪場
構造/規模 D街区 RC造(一部S造)/地下1階,地上27階、E街区 S造(一部RC造)/地下1階,地上6階
最高高さ D街区 約99m、E街区 約26m