本文へジャンプ

精神病床の機能分化を図りたい

入院患者の特性と運営効率から、適正な病床配分及び看護単位を設定します。

次回の医療法改正では、従来の急性期・療養及び老人性痴呆以外に、特殊・専門病床が位置づけられており、今後精神病床は機能分化の進展が予想されます。
患者データを分析して機能別に必要病床数を想定し、適正な病棟構成を提案します。

精神病床の機能分化の経緯