04
快適性と経済性をそなえた「普及型ZEB」
特別な技術や高額な設備を用いず、ZEBを実現

エネルギー消費量を最小まで削減し、創エネルギーで自給する建物「ZEB(ゼロ・エネルギービル)」。CO₂削減目標の達成に向けて、早急なZEBの普及拡大が求められており、お客様の関心も高まっています。しかし、ZEBの事例には特別な技術や高額な設備を用いたものが多く、多くの事業者にとってZEBは手が届きにくいものでした。
そんなコスト面の課題をクリアするべく、竹中工務店が推進する取り組みが「普及型ZEB」です。汎用性の高い既存技術を使ってコストを抑え、シンプルな設備構成にすることで運用・管理コストも抑えることが可能になりました。

普及型ZEBを支える主な技術

下記のような技術を使って経済的に省エネ・創エネを図るだけでなく、眺望・採光・開放感、動線や照明にも配慮した設計にすることで、快適なZEBオフィスを実現します。

     
外部の熱負荷削減 高断熱外壁パネル
外気導入制御
内部の熱負荷削減 LED照明
昼光制御
空調効率を高める 導入設備の容量の適正化
高効率機器
屋外機を散水冷却
雨水利用
創エネ 太陽光発電
エネルギー最小化 空調と照明の在室検知制御
ワーカーのエコ意識向上 エコサイン(省エネ達成度の見える化)   
  

【事例】テイ・エス テック本社ビル

従来、一般ビルをZEB化する場合、多大なコストが掛かっていましたが、本建物は一般ビルの建設費以下のコストで、快適性と省エネ性が両立するZEBを実現。建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)でNearly ZEB(ニアリー・ゼロ・エネルギービル:ZEBの一歩手前)の認証を取得しました。

  • 光を制御してアトリウムに導くトップライト
  • 眺望・採光・開放性に配慮したオフィス

年間一次エネルギー消費の削減量は、設計値で約79%。さらに運用開始後の実績値は約88%(※2)となり、実績値でNearlyZEBの基準を満たしています。

  • 2 2019年4月~2020年3月

第三者認証

・建築物省エネルギー性能表示制度(BELS) Nearly ZEB取得
・CASBEE埼玉県(埼玉県建築物環境配慮制度) Sランク取得

受賞

・2019年度「省エネ大賞」 経済産業大臣賞
・第8回カーボンニュートラル賞 大賞

  

竹中工務店のZEB

竹中工務店では、ZEBを社会に定着させるべく継続的に技術開発に取り組んでいます。ZEBはもちろん、Nearly ZEB(ニアリー・ゼロ・エネルギービル)、ZEB Ready(ゼロ・エネルギービル・レディー)、さらにPEB(ネット・プラスエネルギービル)などの実績を数多く輩出し続けています。

竹中工務店は、「ZEBプランナー」に登録しています。ZEBは、脱炭素やSDGsへの対応はもちろん、事業者側にもコストや快適性などさまざまなメリットがあります。メリットを最大限に引き出すご提案をさせていただきますので、ZEBをご検討の際は、ぜひ竹中工務店にご相談ください。