本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

木造制震ラーメン

本技術は、柱と梁の仕口部にRC部材の鉄筋に相当する鋼材を挿入し、木造によるラーメン架構を実現するものです。筋交や合板耐震壁などを用いずに、架構のみで地震や暴風による水平力に抵抗できるようになります。
内臓ボルトには鋼管で座屈補剛した低降伏点鋼材を採用し、この部分で履歴エネルギーを消費させることにより、制震ダンパーとしての効果を発揮します。