本文へジャンプ

目黒セントラルスクエア

  • 設計施工
2017 東京

ランドマークとなる都市景観と賑わい空間の創造

目黒駅前の再開発計画、低層部に商業店舗を有するオフィス棟は、目黒の街の活性化を担うランドマークとなることを求められました。城南五山花房山と呼ばれる武蔵野台地尾根地の起伏に富んだ地形の再生を図り、駅前オープンスペースと繋がる、3層吹抜けの「文化の広場」を創出し、花房山の緑を継承する「森の広場」や周辺街路と接続する吹抜けの回遊動線など、開放的な路外店舗を立体的に連続配置させ、賑わいの空間を形成しました。

設計施工
竹中工務店
延床面積 73,170㎡
構造/規模 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造/
地下2階、地上27階
受賞 第7回コージェネ大賞2018
民生用部門 優秀賞
平成30年度CFT構造賞
雑誌掲載 新建築 2018.2