本文へジャンプ

井口洋夫記念ホール

  • 設計施工
2018 愛知

叡知のコアとしてのスパイン(背骨)

井口洋夫記念ホールは「有機半導体」の概念を世界で初めて提唱した、豊田理化学研究所前所長の故井口洋夫博士の広範な業績 を後世に伝えるとともに、多くの研究者の成果の 発信と交流の場として計画されました。研究施 設群のスパイン(背骨)というコンセプトで、約60m のリニアな展示空間を設け、博士の生涯にわたる 業績を導入部から時系列に辿る構成とし、研究 施設全体の叡知のコアとなることを意図しています。

設計施工
竹中工務店
延床面積 1,170㎡
構造/規模 鉄骨造/地上2階
受賞 International Design Awards 2018
GOLD:
Architecture Institutional 部門
SILVER:
Architecture landscape 部門
International Architecture Awards 2018
FIRST AWARD カテゴリー:
Cultural(built)
2018年照明普及賞