本文へジャンプ

みなと医療生活協同組合協立総合病院

  • 設計施工
2001 愛知

光・風・緑を享受する健康で清潔な医療空間

市街地に建つ総合病院でありながら、総合設計のための緑地を外来ウイングと一体の計画にすることで、光と緑と風を取り込み,わかり易く快適な外来空間を実現しています。北側の入口から南側の外来部の中庭への流れを流動性と滞留性をもたせたークエンスのなかで空間デザインを行っています。また患者本位の病院を目指し、サービスコアを中心としたコンパクトで求心的なプランを目ざすことで、無駄がなく引き締まった民間総合病院の平面形を追求しました。

設計施工 竹中工務店
延床面積 26,957㎡
構造/規模 鉄骨鉄筋コンクリート造/
地下1階,地上8階
受賞 2002グッドデザイン賞 
2004医療福祉建築賞
平成19年度照明普及賞 
優秀施設賞
雑誌掲載 作品選集 2003
近代建築 2005.5