本文へジャンプ

甲南大学13号館

  • 設計施工
2004 兵庫

ヴォイドに接続する中廊下

甲南大学の研究棟である本建築は、敷地条件から幅14m長さ112mの細長い建物として計画されました。廊下・階段・テラスなど研究者の日常生活の場を公共空間として整備する為、中廊下式の廊下を水平・垂直方向のいくつものヴォイドに接続し魅力あふれる交流の場へと昇華させることを意図しました。また、フラットスラブ+140Φの鉄骨ムク柱からなる明快な構造システムの上に、吹き抜け・屋外バルコニー・光庭などのヴォイドを分散配置することで明晰性と空間的豊かさの両立を図りました。

設計施工 竹中工務店
延床面積 4,165㎡
構造/規模 鉄筋コンクリート造、鉄骨造
/地下1階、地上2階
受賞 平成17年度日事連建築賞
優秀賞
雑誌掲載 作品選集 2008
DESIGN WORKS vol.1