本文へジャンプ

弘前脳卒中・リハビリテーションセンター

  • 設計
  • 施工
2011 青森

極寒多雪風土の中の温かい佇まい

津軽医療圏における脳卒中後遺症患者増加を受け、2005年完成の既存棟145床を計248床に増やしました。極寒多雪の風土にあって、レンガ調タイルとRC打放しを組合せた彫りの深い表情は、深雪の中に凛と立ち来訪者を温かく出迎えるとともに、雪害対策・日射制御等の環境性能も備えます。円筒階段が象徴的に佇む中庭、静寂感のあるレストラン、柔らかな光溜りをもたらすハイサイドライト等、温かい情景が溢れる療養空間を創り出しています。

設計 竹中工務店
施工 竹中工務店JV
延床面積 7,073㎡ (既存合計 18579㎡)
構造/規模 鉄筋コンクリート造/地上3階
雑誌掲載 近代建築 2011.11
DESIGN WORKS vol.21