本文へジャンプ

三菱自動車インドネシア新工場

  • 設計施工
2016 インドネシア

熱帯の自然環境と共生する大規模自動車工場

インドネシアの首都ジャカルタから東に40kmの工業団地に完成した自動車生産工場です。事務所棟エントランスホールの建具を全開口し、日射を遮るアルミパンチグパネルと自然換気モニターを利用した半屋外の空間とすることで非空調ながら快適な空間を実現しました。従業員や近隣住民も利用できる1000人が同時に礼拝可能なモスクは、メッカの方角に向けて配置した中央壁の周りから自然の光と風が入る静謐な空間です。

設計施工 インドネシア竹中
延床面積 177,981㎡
構造/規模 鉄筋コンクリート造,
鉄骨鉄筋コンクリート造, 鉄骨造
/地上4階