本文へジャンプ

NEXENタイヤドイツテクニカルセンター

  • 設計施工
2018 ドイツ

力強い外観と大らかな内部空間を有する新拠点

韓国のタイヤトップメーカーのヨーロッパ初のR&Dセンターです。外観はタイヤのトレッドを連想させる一筆書きの力強い表現とし、建物の顔となるコーナー部には、コミュニケーションスペースを表出させました。従業員の相互交流を促進し、イノベーションを生み出す開かれた場を求められたため、大階段でつながる大らかな広がりを持ったアトリウムを建物の中核に配し、これに面してコミュニケーションのための場を随所に配置しました。

設計施工 ヨーロッパ竹中
延床面積 6,742㎡
構造/規模 鉄筋コンクリート造 /地上2階