本文へジャンプ

タイ竹中が建設会社初の「Thailand Top Company Awards 2014」受賞

~タイ現地法人(設立40年)の現地における事業活動が評価~

お知らせ
2014年3月7日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)の海外法人であるタイ竹中は、設立40周年を迎える節目の年に、※1「タイ商工会議所大学」と※2ビジネス誌「Business+」が主催する「Thailand Top Company Awards 2014 」を、建設会社として初めて受賞しました。 1月27日にバンコク市内のホテルで授賞式が行われ、タイ竹中代表の温湯公人らが出席しました。当社は、この度の受賞を当社グループが国内外で長年に亘って受け継いできた建築にかける姿勢が認められた結果であると受け止め、今後ともグループ経営の更なる発展に努めていきます。

授賞式の様子(右がタイ竹中・温湯代表)

授賞式の様子(右がタイ竹中・温湯代表)

■「Thailand Top Company Awards 2014」について

本賞は、タイにおいて各分野で最も成功した企業を対象に授与するもので、2013年に始まりました。本年の受賞企業には、タイ石油公社、カシコン銀行、タイ・ビバレッジなど、タイを代表する企業が名を連ねています。

※1 「タイ商工会議所大学」・・・ビジネスに関連する教育(経済・科学・法律・エンジニアリングなど)を提供するため、1940年にタイ商工会議所によって設立。1964年に標準的な四年制に変更され、1970年に商務省の認定を受けた。1984年に大学として認定され、「タイ商工会議所大学」となる。2007年時点で、学生数は大学と大学院を合わせて約2万人。
※2 「Business+」・・・ARIP社が発行しているタイのビジネス誌。