本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

免震用積層ゴム支承の性能確認試験を実施

30年間使用された積層ゴム支承の長期耐久性を確認

リリース

2016年8月31日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)と株式会社ブリヂストンは共同で、当社が初めて設計・施工を手掛けた免震建物「船橋竹友寮」(当社独身寮、千葉県船橋市)から約30年に渡って継続使用されてきたブリヂストン製積層ゴム支承を取り出し、長期耐久性に関する性能確認試験を行いました。
調査にあたっては全14基のうちの1基を取り出し、ブリヂストン横浜工場にて鉛直・水平方向の基本特性試験、ならびに外観・寸法検査を行いました。30年経過後の変化は予測範囲内に収まっており、改めて積層ゴム支承が高い長期耐久性を有することが確認されました。今後は取り出した積層ゴム支承を切断し、内部ゴムの物性を詳細に調査する予定です。
なお両社はこれまで、免震構造技術のより一層の信頼性向上に寄与するため、同建物で使用されている積層ゴム支承を約10年ごとに取り出して調査してきました。今回の調査は1996年、2008年に続き、3回目となります。

本積層ゴム支承は1986年夏製造、8月8日に出荷試験が行われており、今回の性能確認試験は出荷試験のちょうど30年後の2016年8月8日に実施しました。

積層ゴムの取り換え手順

1. 建物の一部をジャッキアップし、積層ゴム支承を取り出します。
2. 取り出した積層ゴム支承の代わりに新規製作の支承を挿入します。
3. 建物をジャッキダウンします。建物は積層ゴム支承取り換え前と同等の免震性能を維持します。
取出し状況を映像でご確認いただけます。

基本特性試験結果

取り出した積層ゴム支承の基本特性のうち、水平方向の試験結果を右に示します。
30年経過後は大変形領域で若干の硬化が見られますが、出荷時とほぼ同等の性能を有していることが確認されました。
また、外観・寸法検査の結果、目立った傷・汚れ・錆や異常は見られず、健全な状態を保持していました。

出荷時と30年後の水平方向基本特性の比較

出荷時と30年後の水平方向基本特性の比較

「船橋竹友寮」建築概要

建築地 千葉県船橋市
設計・施工 竹中工務店
竣工 1987年3月
用途 共同住宅
延床面積 1,530m2
階数 3F(地下なし)
構造種別 RC(基礎免震)
免震部材 天然ゴム系積層ゴム
支承粘性体ダンパー
外観

外観