本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

コンクリートのひび割れ低減・美観維持と耐久性を確保する
無収縮タイプコンクリート「ファインリード®」を開発し初適用

リリース

2016年11月9日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は竹本油脂(社長:竹本元泰)と共同で、建物のひび割れを低減し、美観維持と耐久性の確保を実現する無収縮タイプコンクリート、「ファインリード®」(特許出願済)を開発し、ニフコYRP防爆実験棟内の風のプロムナード (神奈川県横須賀市)に初適用しました。
ファインリードは、工場で、新開発の収縮低減タイプの高性能AE減水剤と普通セメント,石灰石骨材と膨張材を練り混ぜることで、通常通りの方法で製造される無収縮タイプのコンクリートです。

鉄筋コンクリートのひび割れの主な発生原因は、乾燥により収縮しようとするコンクリートを他のコンクリート部材などによって変形が拘束され、コンクリートに引張力が発生することが挙げられます。そこで従来は工場製造時に膨張材や石灰石骨材、中庸熱セメントや低熱セメントを併用し、作業所で収縮低減剤を添加する無収縮コンクリートによって、ひび割れの発生を低減していました。
新開発のファインリードは、新開発の混和剤を工場製造時に添加する方法により、作業所でこれまで必要とされた収縮低減剤の添加の手間を省き、普通セメントの使用で材料の汎用性を確保する、高品質で施工性にも優れた無収縮タイプのコンクリートです。今後は、鉄筋コンクリート構造建物、特に意匠性の高い建物や開口部の多い建物など、ひび割れ低減の要求が高い建物の外壁や床などを対象に適用を拡大していく予定です。

「ファインリード®」の特長

仕様: 普通セメント+新開発の高性能AE減水剤(混和剤)+石灰石骨材+膨張材
新開発の混和剤により、最も汎用性の高い普通セメントを用いた無収縮タイプのコンクリートを実現しました。
効果: 建物のひび割れ低減効果があり、特に意匠性の高い建物の外壁の美観維持に効果を発揮します。ひび割れ低減効果は、建物の長寿命化、耐久性という面からもメリットがあります。適用プロジェクトにおいては、打込み後6カ月を経てもひび割れは発生しておらず、良好な結果が得られています。
施工性: 普通コンクリートに置き換えて使用することが可能です。また、工場製造による無収縮タイプを実現したことで、作業所での工程を省力化することができます。
無収縮のイメージ

無収縮のイメージ

ニフコYRP防爆実験棟内 風のプロムナード建築概要

外観写真

外観写真

建築地 神奈川県横須賀市
設計・施工 竹中工務店
工期 2015年10月~2016年6月
用途 休憩所、外部通路
延床面積 135.96m2
階数 1階
構造種別 S,RC