本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

木質耐震ブレース(T-FoRest® Light)が新しくなりました

~鋼棒内蔵型木質ブレース(T-FoRest Light(新工法))の性能評価証明取得~

リリース

2017年12月18日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、木質ブレースの中にPC鋼棒を通し、PC鋼棒に引張力を負担させることで従来工法に対し、約2倍の耐力を確保できる耐震補強工法を開発しました。
T-FoRest Lightは、木材の特性を活かしたブレース型の耐震補強工法で、人の手で簡単に設置することができ、低騒音・低振動、短工期で施工が可能です。一方、環境面においても、木材はその重量のおよそ半分が空気中の二酸化炭素から作られた炭素でできており、地球温暖化対策にも貢献します。



従来工法は圧縮力が作用する側の集成材のみが有効であったため負担できる水平耐力が100t程度でした。一方、新工法は従来工法の引張側にPC鋼棒の引張耐力を付加することで従来工法に比較して約2倍の水平耐力とすることができます。
新工法は、有馬ビューホテル耐震改修工事(2018年5月着工2019年3月竣工予定)にて適用予定です。


T-FoRest Light(新工法)性能実験の様子

T-FoRest Light(新工法)性能実験の様子


T-FoRest Light(従来工法)

T-FoRest Light(従来工法)

T-FoRest Light(新工法)

T-FoRest Light(新工法)



■T-FoRest Light(従来工法)

T-FoRest Lightは、木材(集成材)をコイルばねの圧着力でRC造およびSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造の骨組内に固定する工法です。2014年に開発、性能証明を取得し、2015年には京都競馬場グランドスワンの改修工事において採用しています。


主な受賞歴

2016年 ウッドデザイン賞
2016年 エコプロダクツ大賞(国土交通大臣賞)
2016年 プレストレストコンクリート工学会賞(技術開発部門)
2017年 エンジニアリング功労者賞

プレスリリース
木材を耐震ブレース(筋交い)としてRC造建物の耐震補強に国内初適用(T-FoRest Light(従来工法))
http://www.takenaka.co.jp/news/2015/10/04/index.html(新しいウィンドウでページを開く)


有馬ビューホテル改修工事(予定)の概要

建物名称 有馬ビューホテル(西館)
建築主 株式会社 有馬ビューホテル
建物用途 ホテル
階数 地下1階・地上7階・塔屋1階
建物高さ 28.85m
延床面積 6077.60m2
構造種別 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
建物竣工年 1973年
耐震改修
設計・監理
竹中工務店
耐震改修
工事施工
竹中工務店