本文へジャンプ

旧山口萬吉邸 kudan house

  • 設計
2018 東京

歴史的建築の魅力を生かした空間の再構築

旧山口萬吉邸は、内藤多仲、木子七郎、今井兼次という当時のトップアーキテクトの共同設計により、1927年に建てられたスパニッシュ様式の邸宅で、来客用の和室や、庭に面したスクリーンポーチなど、多種多様な空間で構成されています。2018年5月には、国の有形文化財に登録されました。所有者から東京急行電鉄、竹中工務店、東邦レオが3社共同でマスターリースし、既存建築の魅力を活かして、会員制のビジネスイノベーション拠点に用途転換した保存活用プロジェクトです。

改修設計 竹中工務店
延床面積 839㎡
構造/規模 鉄筋コンクリート造/
地下1階、地上3階
雑誌掲載 新建築 2019.3