本文へジャンプ

八事聖霊修道院アーノルド館

  • 設計
  • 施工
2011 愛知

歴史を継承する祈りの空間

鐘楼を持つ修道院の建替事業です。旧建物の約28mの高さを持つ鐘楼はそのフォルムと鐘の音により、長い間市民に親しまれるとともに閑静なこの地域のシンボルとして存在し続けてきました。 修道院の建替にあたり、鐘楼の位置・高さを従前と同じにすることで、視覚・聴覚的にいままでの環境を保存することとしました。また建屋には屋根をかけ、陰影をつけて柔らかな形体にするとともに、これまでの修道院の歴史とイメージを継承しました。

設計 高垣建築総合計画,竹中工務店
施工 竹中工務店
延床面積 2,552㎡
構造/規模 鉄筋コンクリート造
/地下1階,地上2階
受賞 第27回 空気調和・
衛生工学会振興賞
2012年度 グッドデザイン賞
平成23年 照明普及賞
優秀施設賞