本文へジャンプ

公立豊岡病院組合立朝来医療センター

  • 設計施工
2016 兵庫

朝来の山並みと調和した低層の医療センター

2つの医療施設を統合・再編し、地域密着型の2次医療機関として新たに計画された150床(将来180床)の医療センターです。
朝来の山並みと調和し、地域住民に永く親しまれる「健康のシンボル」となるように低層で勾配屋根の建物としています。

設計 内藤建築事務所
(基本設計・監理)
竹中工務店(実施設計)
施工 竹中工務店
延床面積 13,832㎡
構造/規模 鉄筋コンクリート造/地上4階